5000万円貯めてアーリーリタイアを夢見る腐女子

まきむらえみ/30代/5000万貯まれば隠居する/趣味は同人、読書、筋トレ

目が悪くて良かったこと

こんにちは。まきむら えみ です。

最近すっかりブログ離れしてしまっていて申し訳ありません。

理由は3つあって、ソシャゲのイベントに参加しまくっていたこと、オタ活がノリノリで絵や漫画を量産していたこと、仕事で今年度最大のイベントである出張に行っていたことがその最大の理由です。

これから年度末から新年度に向けて忙しくなるのでブログの更新が落ち込む可能性もありますが、マイペースに更新して行きますのでよろしくお願いします!

 


少し前の記事でも書きましたが、わたしは目が悪いです。

中学生の頃からメガネで、高校生からはソフトコンタクトレンズを併用しています。(一時期ハードコンタクトレンズに切り替えたことがあるのですが、目をよく動かす体質なので合わずにすぐやめてしまいました)

それにともない、メガネやコンタクトレンズコンタクトレンズのケア用品など、たくさんの出費がありました。

それらは目が悪くなければ不要な出費なので、目が悪いことで良いことなんか何にもないなぁと思うのです。

 


でも、ほんの少しだけ「目が悪くて本当に良かった!」と思ったことがあるので紹介したいです。

 


それは、「汚いところの掃除」や「直視したくない気持ち悪い虫の回収」なんかをするときに、メガネを外しておけば見たくないものを見なくても済む、ということです。

 


一人暮らしをしていると、ごくまれに大嫌いなあいつと遭遇することがあります。

実家や職場であれば誰かに退治を頼むのですが、一人暮らしの家で遭遇した場合にはそうも行きません。

「一度出たら基本的にずっといる」「いつ殺(や)るか、今でしょ」

の気持ちで自らを奮い立たせ、退治します。退治するとしなくてはならないこと、それが回収です。

わたしはトイレに流すのですが、その際はどうしても掴む必要があります。何重にもしたトイレットペーパーを被せ、掴み、そのままトイレに持って行って流します。

そのとき「よく見えない」ことがどれだけ心強いことか。笑

メガネを外したわたしの視界で、やつはただの黒い塊です。

 


これも、ある意味一人暮らしを快適に過ごすための生活の知恵じゃないかなと思います。

リスクでしかない目の悪さがこんなところではメリットになっちゃうんですね。笑

 


こらからも、この視点の切り替えの上手さだけは大事にしていきたいと思います…!

 

twitterもしてます! http://twitter.com/makimuraemi にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ
にほんブログ村

 


節約・貯蓄ランキングへ