5000万円貯めてアーリーリタイアを夢見る腐女子

まきむらえみ/30代/5000万貯まれば隠居する/趣味は同人、読書、筋トレ

北海道地震について思うこと

昨日、先日の台風による被害を見て災害に対する自分なりの考えをブログ記事にまとめた矢先、今朝早くに北海道では震度6の地震がありました。大規模な停電や断水が発生しているとのことで、少しでも早くライフラインが復旧すればと思っています。

(北海道のような広大な場所で電力が全域でダウンしてしまうような事態は想定外も想定外ではないかと思います)

 


それにしてもほんと、最近の日本はどうしてしまったんでしょう。

 


これは個人的な見解なのですが、地震や火山活動が増加しているのは地球と月や太陽といったわたしたちがどうすることもできない宇宙の活動自体に変化が起きているのかもしれないし、台風や風水害はわたしたち人類が起こした温暖化等の影響かもしれません。

何にせよ「確実に災害は増加している」「過去のことは役に立たない」「いつ自分が被災者になってもおかしくない」ことに変わりはありません。

 


日頃から個人レベルで防災を心掛けることはもちろん、政治の面では古い体制に鋭くメスを入れる必要があると思います。都市部ばかりでなく本当に必要なところにお金をかけるべきです。

 


わたしたちも防災グッズを準備したり災害時の避難経路を確認することはもちろん、日頃からマネーに関する知識、ローンに関するリスクをしっかりしておくことで、何らかの災害に被災して二重ローンに悩む心配(お金にまつわる心配)から解放される(被害が最低限で済むの意味です)と思います。

そして「いま、もし家も家族も仕事も失ってしまったら?」「いま全てのライフラインが停止してしまったら?」というシミュレーションをしてみることも大切じゃないかと思います。

最悪の場合、どうするのか。(わたしはとりあえず歩いてでも実家に帰ります)

また、動かない交通機関で足止めを食らっている方をテレビで見ると、旅行も考えものだなと思ってしまいました。一番困るのは、知り合いのいない地域に旅行や出張をした場合、頼る人がいないと言うことです。住んでいる地域で被災した場合は、近隣住民であったり賃貸であれば「ここには●歳くらいの●って人が住んでいた」等の情報も入るかと思います。旅行先で被災しても誰も自分を知らない状況なのは怖いですね。

 


先日、とある方が「台風は発生から自分のところに来るまで対処する時間的な猶予がある」と言っていました。突然起こる無慈悲な地震に比べ、台風や風水害は天気予報を見ていればその規模や進路を知ることができますし、対策をとる十分な時間があります。

「自分は大丈夫」という根拠のない自信を持たずに、備えあれば憂いなしの気持ちで臨めば被害も最小限になるでしょう。

( わたしもカップ麺やクラッカー、長期保存できるパンやカロリーメイトはいくつかずつ置いています )

不要不急の外出を制限する、子供達が休校なら会社員も業務停止しても良いんじゃないでしょうか。

 


被害地域が1日でも早く復興し、災害のノウハウが今後活かされること祈ります。

 

twitterもしてます! http://twitter.com/makimuraemi にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ
にほんブログ村

 


節約・貯蓄ランキングへ