5000万円貯めてアーリーリタイアを夢見る腐女子

まきむらえみ/30代/5000万貯まれば隠居する/趣味は同人、読書、筋トレ

未来の年表2を読んで 前編

下記の記事は、7/6〜7/8にかけて起こった西日本豪雨が起こる数日前に書いていて、本来であれば7/9に更新を予定していました。

今回の豪雨災害は停滞した雨雲やそれに伴う過去に例を見ない降雨量が原因だとは思いますが、当時書いていたこの記事の内容も河川の氾濫等に繋がる原因のひとつではないかと思うので、原文のまま掲載したいと思います。

 

今回被害に遭われた方やそこに住まわれる方の1日でも早い復興を祈念すると共に、被災されていない方も他人事とは思わずにこの教訓を今後の防災に活かすきっかけになればと思います。

 

 

( 以下 当時書いた原文のまま掲載します)

 

先日、本屋さんで「未来の年表2」というタイトルの本をパラ読みしました。

時間がなくてパラパラとしか読めてないのですが、この本にはいつか来る日本の危惧すべき姿とどうすれば良いかが書かれていました。

わたしはこういった「問題提起とその筆者なりの解決策」の書かれた本が大好きです。 

本にせよブログ記事にせよ、せめてその人なりの「自分はこう考える」意見が見たいですよね。

 


この本の中でヘドバンでわたしの心に響いたのは、

●山林のこと

●全国転勤をやめる

ことでした。

 


2つめはピンと来ても、都市部に住む方には山林の危機的状況とそこから発生する危険は分からないと思います。

山林の現状から、わたしが常々「これはヤバいんじゃないか」と思っていること、せっかくなので書きたいと思います。

 


筆者さんは、とある地域で起きた山林の土砂崩れを、無理な植林とその後の放置から来た「人災」だと言われています。自然豊かに見える日本の森林が圧倒的な管理不足で良い状態でないことは、地方に住んでる方はよく分かってるんじゃないかと思います。

 


都市部に住む方に、質問です。

あなたの周りには、河川はありませんか?

その河川に大量の土砂が流れ込み、まるで島のようになって草が生い茂っていたりしませんか?

その土砂がどこから流れ込んだか考えたことがありますか?

 


その土砂は山から来ました。

本当なら、河川から土砂を取り除いて山に返すべきなんでしょうが、そんなことはされずに殆どの河川は放置されたままです。

結果、毎年のようにどこかの川が氾濫して地域住民を苦しめています。

 


河川を人間の身体に例えるなら、腸です。堆積した土砂は排泄物です。便秘した状態でそれでも大量に食べまくった場合、どうなると思いますか。

かなり前に「たけしの家庭の医学」で見た症例では、最終的に腸が破裂して敗血症で死ぬと言っていました。

便秘を改善しておけば、死ななくて済んだはずです。

 


河川の整備は時間もお金もかかります。

これこそ、メディアがもっと報道して地域住民やボランティアを含めてどうにか改善できないものかなと思ってます。

 

 

 

こういう話をすると「周りに河川がなくて良かった」とまるで自分に関係ない話のような反応をされる方が一定数います。

福島原発の復興のための財源として、わたしたちの預金の利息から問答無用で「復興特別所得税」が取られているのをご存知ですか?

2024年からは「森林環境税」も取られます。

どちらもみなさん自身に学んで欲しいのでここには詳しく書きませんが、ひとつだけ言えること。それは「日本は何かあれば連帯責任」だと言うことです。

問題を先送りしたり自分には関係ないと思うことは、結局は自分の大事な資産の減少に直結しています。国が政府がと他人のせいにするまえに、ゴミを減らしたり節水したり一度購入したものは長く使ったり、社会問題に目を向けて考えてみたり。できることからやっていきましょう。

 


そうじゃないとまた「●●税」とかいう問答無用で徴収する税金が増えていきます。

金持ちは税金からは上手く逃げたり、元々お金を持ってるだけに痛くも痒くもありません。

ダイレクトに響くのはサラリーで生きているわたしたちです。

 


全国転勤に関して思うことは、また別記事にしますね!

 

 

twitterもしてます!

http://twitter.com/makimuraemi

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ
にほんブログ村

 


節約・貯蓄ランキングへ