5000万円貯めてアーリーリタイアを夢見る腐女子

まきむらえみ/30代/5000万貯まれば隠居する/趣味は同人、読書、筋トレ

ミニマリストに憧れて〜捨てて後悔している物〜

さて、前回の「捨てて良かったもの」に続いて「捨てて後悔しているもの」を紹介していきたいと思います。
【過去ハマっていたジャンルのグッズ】
はい、さっそく矛盾したお話をします。昨日、過去ハマっていたジャンルのフィギュアや使いまわしイラストのグッズを捨てて良かった!と言っていたにも関わらず、です。笑
でもちょっと違うので詳しく書いていきたいと思います。
後悔するのはこのあたりです。漫画やアニメなどの原作に関する媒体そのもの(漫画本やDVDなど)、同人誌、限定品、CD、ゲーム、このへんです。
特に、ハマっていた当時に持っていた漫画を買い戻す労力は結構なものです。お金もふっとびます。そして今のご時勢、売る場合には殆どお金にはならないでしょう。
また同人誌や限定品は、原作媒体と違って「買い戻すことがほぼ不可能に近い」です。
C Dは…まぁ探せば聴ける場合もありますが、聴けないものもあるので「売るんじゃなかった」と後悔しましたし、ゲームは物によっては価値がとんでもなく上がる場合もあります。
因みにわたしも、買い戻しの真っ最中だったりします。でもいまはポイントサイトでポイントをアマゾンギフト券にしてそこから買っているので、そこまで懐は痛くありません。時間がかかるのがネックかな。
【思い出の品】
アルバムなんかはデータ化して保存しましょう、みたいな風潮もありますが「形として残す」方が良いなとわたしは思っています。
特に子供の頃の写真なんかは色あせていたり、母が裏に日付や思い出を書いているものなんかは凄く大切な宝物です。
小中高のアルバムも大事にしていますし、中 高と撮ったプリクラ帳も未だに大事にしています。
そう言えば先日、引越しのときに紛失したと思っていた自分の母子手帳を母が持っているということを知り、譲って貰いました。
自分の生まれたルーツ、そして育ってきた思い出、それらはデータではなくいつでも触れることのできる形として残したいなと思います。
これは「絶対後悔するから捨ててないもの」になります。みなさんも本当にミニマリストの言うことを真に受けて良いのかじっくり考えてみてくださいね。
捨てて後悔した思い出の品といえば、部活で使っていた譜面かなと思います。曲を聴きながら思い出に浸りたいとき、どんな楽譜だったのか見れないのはやっぱり寂しいですね。
とりあえず後悔しているのはこんなところで しょうか。
意外とまだ「大後悔」しているものはありません。というか後悔してからじゃ遅いですもんね。
本当に不要なものってのは「容易に替えがきくか」で厳選することが可能だと思います。
情報を鵜呑みにせずに、常に「自分にとってこれは本当に必要か」を問いかけながら、取捨選択していくことが大事です。


ほんと、最近思うんです。
子供の頃に好きだったものは、大人になってからもやっぱり好きだし、思い出に浸ると優しく温かい気持ちになれます。
だから簡単に捨てちゃだめですよ!

( 寝転んで楽しかった日々に想いを馳せるだけで癒し効果があるそうです!手軽なので疲れてる方はやってみて下さい )

 

twitterもしてます!

http://twitter.com/makimuraemi

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ 

にほんブログ村


節約・貯蓄ランキングへ