5000万円貯めてアーリーリタイアを夢見る腐女子

まきむらえみ/30代/5000万貯まれば隠居する/趣味は同人、読書、筋トレ

いまの仕事を続ける理由みたいなこと

夢分野(音楽、漫画、芸能など)や遊んで暮らすことって憧れますよね。

わたしも、子供の頃はアニメを描く人になりたいと思っていました。
でも(わたし自身は)その進路に進まなくて良かったと思います。

(*以下は夢分野を趣味にすることにしたわたしなりの見解であり、夢分野を志す方に向けた物ではありません。)

 

理由はふたつ。
①当時は視野が狭くて自分が好きな物に携わる仕事がしたかったけれど、今もそれが好きかというとそうでもないこと。
現にいまのわたしはリアルタイムで放送や配信されているアニメは一切観ていません。
観るのは全て「自分が子供の頃に観ていたアニメや当時観ていなかったアニメ」だけです。
アニメそのものが好きだったわけではないんだと就職して10年くらい経ってから分かりました。
(だってアニメーションを描いたこともなければ、アニメの専門学校に行けばなれるをだろうと思ってました)
つまり、それくらい「自分が本当になにが好きなのか、それのためならどれほど努力できるか、自分のことなのに自分は分かっていなかった」んだと気付きました。
②お金のために始めた仕事でもやり甲斐と楽しさを見つけると(そこそこ)楽しいということに気づいたこと、仕事をしているからこそ趣味(絵)のための時間を意識的に作れていることです。
(現にバタバタした仕事をしながらの年末より、毎日がフリータイムの年末年始はダラダラ過ごしただけで終わってしまいました)

 

世の中には色んな考えの方がいると思いますが、わたしはいまの生き方をして良かったと思います。
●定期的で安定した収入があること
●同じ仕事を続けてきたこと
(責任ある仕事を任されるようになってきましたが、まだ上司に頼れる立場ですし同じ仕事を続けていたことでいまの仕事にはそこそこ精通しています)
●趣味に割く時間と余裕があること
●余裕があるから趣味や関心や学びを自分で増やせること(いまなら株等の資産運用)
●それら全てが自分でしたことだという自信に繋がっていること
なんにせよ、やっぱり【継続は力】だなと思います。

 

最近では「これからはAIや自己発現の社会になるのに会社に縛られて生きるなんて…」なんて意見をよく見かけます。
でも、どんな社会が来てどんな生き方働き方になるかなんて、株価の上げ下げみたいに分かりません。

 

わたしは【適応したものだけが生き残る】って言葉が好きです。


だからいまの生き方(会社に縛られる生き方)がなんとか通用するうちやいまのやり方でお金が貰えるうちは、その立場を最大限に利用しつつ、これからの未来に備えたいと思います。
備えあれば憂なし、なんにせよいまはいまを楽しむ軍資金がいるのです。

 

遊んで暮らす生き方は確かに憧れます。
でも、もし自分がもしそうなった場合にどう時間を有効活用できるだろうかと自問自答してみると、年末年始をぐうたら過ごしている事実が明らかなように、1日どころか人生の大半を無駄にして過ごすんだろうなと思います。

 

●時間があれば〜してみたい!
●こんな働き方がしたい!
そんな夢や目標を持っている人は、いまそれに繋がる行動をどれだけしているんでしょうか?

もし「そういやしてないな…」って方は、きっといましてる仕事、職場で働きながらもう少しよく考えてみることが大事だと思います。
手さえ動かしていれば、頭の中で仕事と別のことを考えていても誰にも叱られません。

 

この記事でも書いたように、わたしはアーリーリタイアするには資産が足らず、夢分野で食べるには力不足なのでいまの職場でまだ頑張ります。
自分より若くて資産がたんまりある方のブログ(だいたい男性)読むと嫉妬しますが、それで気分を落とすよりもリアルな自分の周りの日々の小さなことに感動、感謝していれば今までがそうだったみたいになんとかなるかなと楽観視しています。

 

とりとめもなくだらだらとなりましたが、いまの自分は過去からの積み重ねの結果です。
愚痴言う暇があれば日々改善、日々精進で頑張りたいですね。

 

twitterもしてます!

http://twitter.com/makimuraemi

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ
にほんブログ村


節約・貯蓄ランキングへ