5000万円貯めてアーリーリタイアを夢見る腐女子

まきむらえみ/30代/5000万貯まれば隠居する/趣味は同人、読書、筋トレ

これだけ守ればお金が貯まる、わたしの考え 初級編③

わたしは、自分のポリシーとして、住宅ローン以外のローンは組みたくないと思っています。

その気持ちが強いため、もしものときの転ばぬ先の杖がわりに貯金をしています。

過去に散財したこともありますが、全て収入や貯金から使ったのであって、ローンや借金を作ったことは一度もありません。

ただ、色んな人の意見を聞いているうちに、【ローンそのものは悪ではない】ということを知りました。

マネーの上級者(だと思われる方)の話では「ATMで時間外手数料を取られるくらいなら迷わずむじん●んみたいなとこでお金借りる。貯金あるから明日以降にすぐ返せば無利子で済むから」とのことでした。

(わたしならクレジットカードを使うか使えないとこならグッっと我慢するかですが、でも「そういう考えもあるんだな〜!」と非常にタメになりました)

 

ただ、その方が繰り返し主張されていたことがあります。

それは…

「返済期日だけは絶対に守ろう」

です…!!

 

お金を借りることができる、ということは【信用がある】からです。

期日を守らなかったり返済が滞ると、一気にその信用を失います。

 

●携帯電話を滞納したことがある

●クレジットカードの引き落としが出来なかった

 

一見、軽微な「ウッカリ」に見えなくもありませんが、こんな些細なことで後々本当に必要なときに【ローンが組めなくなる】なんて悲しいことになってしまいます。

(若い方に多い事案らしいです。)

 

ローンを組めばお金が貯まるとは言い切れませんが、【ローンを賢く使う】ことにはメリットがあると思います。

例えば車のような高額商品を買う場合、

●何年乗るか、次の買い替えはいつにするか

●いくらローンを組むか

あたりを計画的に決めれば、【毎月のローン返済額を固定化】することができますし、月の支出が把握しやすくなって【ローンを払いながらもコツコツ貯める】ことが出来ると思います。

 

中には、「子供の養育費や両親の介護でいつ使うか分からないから」と貯金をキープしながら、ローンを組む方もいるようです。

その意見を聞いて、「なんでもかんでも貯金から払うのも考えものだな」と思いました。

 

ローンを利用する場合、守るべきポイントは、 【自分の収入や返済額に無理がないかをよくよく考えた上で、本当にローンを組む必要があるか考え、慎重にローンを組む】 これに尽きると思います。

 

ローンを組む行為には時間的な余裕も多少はあるものとの前提でお話してますが、実際は急にお金が必要になって比較や検討もおろそかなまま、勢いで契約してしまう場合もあるかもしれませんよね。

そんなときは、落ち着いてからでも良いので、【少しでも金利の安いところにローンの借り換えをする】ことを、是非検討してみてください。

間違っても、ローンを返すためにまたローンを借りることがないように努めたいものです。

 

twitterもしてます!

http://twitter.com/makimuraemi

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ
にほんブログ村


節約・貯蓄ランキングへ